のっほほ~んな日々に

ダイエット?アドセンス?今週のお題?ゲーム?雑談?なんでもありきのブログ

おとうさん

今週のお題「おとうさん」

お父さん

うぅ~ん?

お父さんと呼ばなくなって

何十年になるのかな~?

ずっと『とう』と呼んでる

 ( 語尾上がり気味にね )

嫌いだからじゃないよ。

うちが変わってるのか

母を『かあ』

姉を『ねえ』

と略して呼んでるだけ。

短い方が楽だからね。

 

父との思い出①

父は

仕事は他にしてたけど、

自分で家を

建てれる人だったから

( 趣味でね )

子供のころ住んでた家は

父が建てた家だった。

住居の他に物置が3棟

それも住居と

同じような大きさのが

あっ、でも金持ちではない

ド田舎で回りに家がないから

森を切り開いて

建てていただけ

隣行くのに歩いて20分以上かかり

時々畑に熊がいたりする

山の中の家

まぁそこも廃村で

もうないけどね。

よく建ててる父の傍で

遊んでいた。

一度釘のささってる板を

踏んでしまい

足の裏に穴空いたことある。

あと悪さすると物置に

閉じ込められた。

そこ蛇がいて

気持ち悪かったんだよね

お蔭で蛇は掴めるようになった

( 毒蛇は無理だけど )

 

父との思い出②

高校生の時

就職するまでに整形したい

と父に言ったことがある。

その時の言葉が

今も忘れられない

『二十歳までは子供の

健康は親の責任、

病気でもないのに

手術なんてさせられない。

二十歳過ぎて

自分で働いて

お金貯めたら

自由にしていい。 

 でもな、その人の性格は

顔にでる。

どんなに綺麗になろうとも

性格が悪ければ

ブスはブスのままだ。

本当に綺麗になりたければ

顔直す前に性格直せ』

これ言われたときは

ショックだったね~

だって自分の親に

顔も悪いが性格も悪い

って言われたんだから。

でもこの年になると

その通りだな~と感じる

あの頃の私は

反抗ばかりしていたからね。

 

父との思い出③

この思い出は書いて

大丈夫なのかな~

もう約40年前だから

( 約だよ約、あくまでも )

時効だね。

卒業式が終わった日の夜

夕食後に

父が私の目の前に

ウイスキーのボトルを置いて

こう言った

『就職したら、付き合いとかで

飲むことあるから

好きなだけ飲んでみて

自分の適量を覚えろ』

飲んでいいと言われたら

飲むよね~で、翌日

『お前は7杯目まで平気そうだったが

8杯目からはおかしかった。

お前は女なのだから

人前で酔っぱらうような

真似はするな。

人前では5杯以上飲むな』

と言われて、

その後、いろいろと

飲みに行っても

酔い始めると

それ以上飲む気になれなくなった。

周りに酔った人がいると

酔いがサーと引いていき

介抱に回ってしまうのだ。

恐るべし親の刷り込み!

 

他にも思い出はあるが

父も85を過ぎ

入院とかが増えた

今月も手術することになっている

以前の手術では

術中に心臓が止まり

私たちを心配させたが

今回は無事に終わって欲しい

もう少し子供でいさせてください

頼みます

ね、お父さん💙